パス度を上げよう!

こんにちは!

今回はパス度を高めるためのテクニックについて説明します!!

パス度とは、相手にオトコの娘だとバレずに「女性として認識されているか」を示す度数です。

 

☆服装

まずは何よりも、体型に合った服を着る必要があります。

幸い私は痩せ型なのでなんでもいけますが、真夏は意外と難しいです。

普段から正しい姿勢を心がけると、それを維持する筋肉も鍛えられるのでおすすめです。
むしろ、姿勢は矯正してでも正しい姿勢を心掛けなければなりません。

なぜなら、薄着した時に、気が抜けると、すぐにブラ線が浮いて見えたりで恥ずかしいことになってしまいます。

冬は「色の統一」たとえば、バッグの色とブーツの色を合わせたりすると自然とオシャレになります。

しかし、同色ばかりでは地味になりがちなので、ワンポイントで別の色を入れるなど、地味になりすぎないように注意しましょう。

また、コートを羽織った(開いた)状態でもオシャレに見えるよう、服を重ねた時の着こなし方を覚える必要があります。

 

☆髪型

私は学生時代のトラウマから美容室にいけず、アイドルの写真見ながらアレンジしたりして、自分で切るようにしてます。

雨や霧の日は髪の毛がウネッたりゴワツキやすいので、髪の毛の反りを防ぐためにアルガンオイルを使ってます。

男性的なおでこの生え際や眉骨(眉毛の下の出っ張り)がバレないように気をつける必要がありますね。

 

☆ボイストレーニング

女性らしく見られるには服装や髪型もそうですが、声のパス度も重要です。

ある女装子から学んだ方法ですが、メラニー法を簡単に使い始めるには唾を飲み込む瞬間に喉仏が引っ込む状態で話すと、やや高めの声が出ます。

「あー」と声を出しながら、喉仏が引っ込む状態の声を維持するところからはじめてみてください。

高い声の出し方が身についたら発声練習を繰り返し行えば自然と女性らしい声に近づきます。

次の段階では、そこにイントネーションを加えて言葉の語尾にも気をつけます。

慣れると日常会話で困らないレベルまで上達します。

 

☆歩き方

近場の買い物なのにパンプスを履くのも疲れるので、私はレディース物のスニーカーを履いてます。

スニーカーを履く場合、店内ではなるべく踵から地面へつけるように歩くと若く見えるそうです。

外では気をつけないと踵が磨り減ります(´▽`;

当たり前のことですが、踵からつけていいのはスニーカーのみです。パンプスはその逆です。

 

☆顔回り

メイクはもともと女性の顔に立体的感を与えるためにあるので、メイクが濃いと逆にパス度が下がってしまいます。

そのため、永久脱毛を済ませたものの、出来るだけスッピンでパスできるように心がけました。
実施したことも、せいぜい目元をくっきりと見せるためにまつ毛を育毛したくらいです。
※永久脱色については別の記事で書こうと思います。

 

☆買い物(高度)

ショッピングセンターで買い物をするときも女性らしい仕草を身につけなければすぐにバレます。

コツさえつかめばコンビニよりは緊張しないと思います。
ここでは私がその一日に意識したことだけを書いていきます。
・女子トイレの利用には注意してください。店員さんも出入りするので性別がバレてる店では避けるべきです。また、和式トイレでは水が弾く音でバレ易いので注意してください。

個室から出る前にトイレットペーパーの音まで完璧に再現することが大切ですね。
・商品を探すのに夢中になって、あまり周りを見るようにキョロキョロしていると怪しまれますが、

誰かに見られちゃってるときにはゆっくりと相手の方を振り返るような仕草をとると相手は目を逸します。
・もちろん、一番の目的は買い物ですので、細かいことは置いておいて、買い物を楽しみましょう(笑)

 

☆結論

パス度を上げるには数多く外を歩き、経験を積むのがくのが一番です!
自然に女性らしい仕草等が出来るようになってからはパス度なんて気にならなくなりましたが、

女装初期のころは本気で気になってましたσ(^_^;)

スッピンで化粧室に入るなんて緊張してできませんでしたが、今では当たり前になってるのでスゴイなぁ~と実感してます(゚ー゚;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です