初めての女装外出 in 歓楽街

私の初めての女装での外出のことについて書いていきたいと思います!

 

1. 外出のきっかけ

女装を始めて少し経った頃、いつもの通り自撮りや服のコーディネートを楽しんでました。

自分の中では結構メイクや服の選びに自信がありました。

そろそろ外出できるかも・・・

そう思うようになってからは、日に日に外出欲が強くなっていきました!

ただ、外出欲が強まるものの、いきなり外に出るのちょっぴり不安だったんです。

そんな時、1つの案を思いつきました。

「そうだ!まずは深夜に出てみて大丈夫そうだったらお昼にもチャレンジしよう」

安直と言えば安直ですが、まずは深夜の女装外出にチャレンジすることにしました!

 

2. いざ女装深夜徘徊

その日はとても寒く、冬真っ盛りでした。

冬だしマスクしてても怪しまれない!できるだけ体の線が見えない服を着ていこう!

そう思いながら不安感やドキドキしながら準備を始めました。

服はパーカーにコート、長めのスカートに、タイツだったと思います。
歩き方も気持ちは内またにしつつも、なるべく堂々と歩こうと決めました。

その強気の心とは裏腹に、ここで後ろ指さされるようであれば今後は絶対外出しない!!と

ちょっぴり弱気な自分もいた気がします。

 

外出は近所を軽く歩いてお散歩して帰る、という簡単なルートで計画していました・・・

ただ、近所が歓楽街の近くだということもあり、なるべく裏道で歩いてました。
ところが!別の意味で想定とは違うことが起きました。

5分ほど歩いていても人に出くわすことが全然ない・・・
人に会わないと自分のレベルが分からない。どうしよう・・・?
と自分の中で考えていましたが「ここは思い切って歓楽街に出てみよう!意外と大丈夫かも!」と
なぜか強気な行動力で歓楽街側へと歩み始めました。

 

3. 歓楽街の真ん中で

歓楽街の近くまで行くと人がいっぱい・・・
「でも、もう今さら引き返せない!」と決心を強く歩いていくと、

「何だか他の人にあんまり見られてないかも」という感覚になりました。
そうか人が多いと逆に見られずらいんだ!と安心感を覚えました。

そう思いながら10分ほどいろいろな場所を歩いていると、若い二人組の青年とすれ違いました。

なんかこっち見てるな・・・
ばれたかも・・と内心ドキドキしながら歩いていると
「お姉さん一人で何してるのー?こんなところに一人で歩いてるとナンパされちゃうよ!」
と話しかけられました!!
びっくりしましたがお、お姉さんって言われた!!と少し嬉しくなりました(単純ですね 笑)。
ところが、ここで緊急事態が発生しました。
これまでは自宅で一人で女装だけをしてきたので、声の練習とかしたことなかったんです。
やばい・・・と自分の計画性のなさに驚愕しました。
ここは機転を利かせて風邪気味という設定にするか、

素直に「女装です」とカミングアウトしてしまうか悩んでいました。

ところが!青年さんから 「困らせちゃったね!また今度気が向いたら連絡してよ!」とラインのIDを渡してきたじゃないですか!
そのまま青年さんたちは夜の街へ。
私は一気に力が抜けると同時にどっと疲労に襲われました。
ただ、その時は黙って受け取りましたが、よくよく考えてみると、その青年さんは常にID持ち歩いてるってこと・・?
と疑問に思ったことは内緒ですww

 

それからはたびたび深夜に女装で外出をするようになりました。

何だかんだ周りに歩いてる人を気にする人も少ないですし、

まだ女装外出をしたことない人はチャレンジしてみてみてはいかがでしょうか?

 

レッツ女装ライフ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です