世界のLGBT法令(概要)

世界のLGBTに対する法律はどうなっているでしょうか。

国によって違いはありますが、地域や宗教によって大まかに傾向が分かれています。

 

■東アジア

日本を含む東アジアから東南アジアでは法による規制は比較的緩い傾向があります。

世界的に見ると途上国では違法の傾向が強いですが、

こと東南アジアにおいては、一般的に途上国と考えられている国々でも多くの国が同性間の性交渉は合法となっています。

タイやフィリピンは、一般の日本人の間でもLGBTが多そうなイメージとして定着しているようです。

 

■中東

一方で同じアジア圏でも中東はイスラム教色がかなり強い国を中心にかなり法律が厳しく、

同性間の性交渉で死刑となる国も多々あります。

イスラエルや旧ソ連から分離独立した国では比較的合法ですが、それ以外の国では概ね違法となっています。

もし中東に行く必要がある場合は、訪問先の国の法律を必ずチェックしましょう。

 

■ヨーロッパ

ヨーロッパのほとんどの国が国連の同性愛非犯罪化宣言に署名しており、

すべての国で同性間の性交渉は合法です。

更に西ヨーロッパを中心に同性婚も認められており、世界をリードする形になっています。

中欧・東欧はまだ同性婚を認めている国は少ないですが、徐々に増えてきています。

 

■アフリカ

アフリカは北部を中心にイスラム教色が強い地域は同性間の性交渉は違法となっている国が多々ありますが、

中東に比べると罰則は緩めです。

同性婚に関しては南アフリカを除いてすべての国で認められておらず、

むしろ2000年以降になってから違憲になるなど、先は非常に長そうです。

 

■北中米

北中米では同性間の性交渉は合法ですが、カリブ海の国々では違法な国も多々あります。

南米は概ね合法ですが、一部、違法となる国が残っています。

同性婚はアメリカ合衆国でもまだ州によって法律が分かれるなど、

まだまだこれから感があります。

逆に2010年代に入ってからブラジル、アルゼンチン、コロンビア、ウルグアイで同性婚が認められるなど、

南米で徐々に緩和の動きが拡大しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です