バーの仕事に就くために

ニューハーフバー、オカマバー、ゲイバーなど、新宿2丁目に代表される代表的なお仕事です。

大まかにはショーのあるタイプと、無いタイプに分類されます。

ニューハーフ、おかま、ゲイなどお店によって特徴がありますので、自分に適したお店を選ぶとベストです。

中にはあまり区別がないミックスバーもあります。

 

1. バイトとして働く

最近は(一部の大手は)求人サイトでの募集も見かけるようにはなりましたが、

まだまだ募集情報が公開されることは少ないです。

じゃあ、どうやって募集を知るの?と言われると、

個人的に知り合いを作るしかないですね。

当然ですが、個人的なネットワークを作るためには時間がかかります。

あまり時間を掛けていられない人は、ひたすらお店を回って募集がないかを聞いて回るのが手っ取り早いです。

とは言え、募集しているお店は都合よく出てこないので、

見つかるまでくじけず頑張るしかありません。

 

まずは、NEWMOあたりのサイトで探しつつ、

そこで決まらないようであれば、インターネットでお店を調べつつ、ひたすら募集有無を電話で確認しましょう。

 

2. 独立して自分のお店を持つ

店員として仕事を続けていくうちに、自分でお店を持ちたいという野心が出てくる人もいるでしょう。

そうした時に独立という選択肢は誰もが一度は考えるかもしれません。

もちろん成功した場合のリターンは大きいですが、そのためのリスクもまた大きいことを認識してください。

また、お店の表の業務(接客や調理など)だけではなく、

経理・税金、法務などバックグラウンド業務も自分でこなさないといけません。

特に税務業務や各種届出などは不備があった場合、知らなかったでは済まされません。

それらをきちんと把握した上で、それでもやりたいのであれば、ぜひチャレンジしてみてください。

 

具体的な独立方法はまた別の機会に記載します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です