★女性ホルモン剤について★

こんにちは(^^)

今日は女性ホルモン剤についてです。

                               

                        

女性ホルモンをするとどうなるの??

                        

乳房や乳腺が大きくなります。
髭や体毛が少なくなります。
頭髪が増え、禿の予防になります。
筋肉の減少により、丸みをおびた女性的な体型になります。
精巣の機能低下に伴い、勃起不全が起こることがあります。

                   

一般的なタイプは筋肉注射タイプで一回¥2000程度です。

錠剤タイプもあります。

               

元々、女性ホルモンは人間みんな持っているものですが、

普段からの生活習慣でも増やすことは可能です!!

                  

十分な睡眠時間を取る
女性ホルモンの分泌量は、十分な睡眠をとることによって整えることができます。多忙でなかなか睡眠時間が確保できない場合もあるかと思いますが、できる限り十分な睡眠を確保するよう心がけましょう。
 
お風呂にゆっくり浸かり、血行を良くする
女性ホルモンは血液によって体内に運ばれるため、血行を良くすることも重要になってきます。温かいお風呂にゆっくりと浸かり、血行を良くするよう心がけましょう。冷えは血行を悪くすることにつながってしまうので、なるべく体を冷やさないようにしましょう。
 
ストレスを発散する
ストレスは女性ホルモンの大敵と言われています。女性ホルモンのバランスを整えるためにも、自分にあったストレス発散を見つけておくことが大切といえるでしょう。

          

★摂取すると良いもの★

                

大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは女性ホルモン、エストロゲンによく似た構造を持っており、エストロゲンの不足を補うように働きます。大豆イソフラボンが多く含まれる食品として、豆乳、豆腐、納豆、味噌などが挙げられます。また、他にも更年期障害の症状をやわらげたり、肌を美しく保ったり、骨粗鬆症を予防する働きもあるそうです。乳がんを予防する働きもあるとか。
 
ビタミンE
ビタミンEはプロゲステロンの材料となるとともに、ホルモンの分泌やバランスをコントロールする働きがあります。ビタミンEが多く含まれる食品は、アーモンドやかぼちゃなどです。
 
鉄分
女性ホルモンのバランスを整えるためには、新陳代謝も重要です。鉄分には、新陳代謝に必要な酵素を全身に運ぶ役割があるといわれています。鉄分は、レバー、ひじき、ほうれん草などに多く含まれています。

           

         

副作用も人それぞれで出ることがあるので

病院の先生に相談し、最初は少量、適度な頻度で行うと良いでしょう!

これであなたも女性らしくなれちゃいます><

           

では、今日はこのあたりで★

また次回の記事でお会いしましょう〜〜〜